2017年神戸短歌祭

   さる4月29日、午後1時から兵庫県民会館11Fパルテホールにおいて、平成29年度神戸短歌祭が開催されました。参加者70余名。兵庫短歌賞、新人賞、奨励賞のの表彰式と総会の後、歌誌ヤママユの櫟原聡氏による「現代短歌と古典」と題する講演が行われました。

 兵庫短歌賞は「冬日向」の藤本朋世氏、新人賞は「就活」の鈴木美樹氏と「ハロー、ハッピーライフ」の上篠かける氏が選ばれています。

 また、櫟原聡氏の講演は、現代歌人と古典歌人の作品を比較しながら、現代短歌の特徴、問題点、今後の展望を模索する有益な内容でした。

 

写真左は、安藤直彦代表から兵庫短歌賞の表彰を受ける藤本朋世氏。

写真右は、講師の櫟原聡氏。